ダイエットサプリやダイエット器具などの検証ブログ

詐欺ダイエット検証研究所

サプリメント

ブレイキングリミットは危険!?痩身効果の副作用について検証してみた

更新日:

毎日のように新製品が発売されているダイエット業界ですが、その中でも今話題になっているダイエットサプリが『Breaking Limit(ブレイキングリミット)』です。

通常のダイエットサプリと違うのはその減量法。
脳の防衛本能を回避するという世界初の減量法によって、わずか2週間で10kg以上という大幅な減量が可能となっています。

実際に試してみたいところですが、それだけ効果が強力だと副作用や危険性が気になります。
体重を減らしたいのは山々ですが、そのために体調を崩したり、病気になってしまっては元も子もありません。

そこで今回はブレイキングリミットは本当に安全なのか。その副作用や危険性について調べてみました。

ブレイキングリミットの使用条件

ブレイキングリミットはその大幅な減量効果から使用に際して以下の条件を設けることで販売が許可されています。

・毎日必ず体重測定を行い、過剰に痩せていると感じた場合は、使用を一旦停止して下さい。
・急激な体重減の危険がある為、摂取目安を確認して下さい。
・体重45kg未満の方の飲用はご遠慮ください。

通常のダイエットの場合、5kg以上体重が減ると脳の防衛本能により体重が落ちにくくなるのですが、ブレイキングリミットは体重の減少を抑える脳の防衛本能そのものを止めてしまうため、使用すれば使用するほど際限なく体重が減少していきます。

短期間での大幅な体重の減少は重大な健康被害を及ぼす危険性があるので、必ず使用条件を守って服用するようにしてください。

成分の安全性

体内の脂肪という脂肪を全て消滅させてしまうブレイキングリミットですが、それを実現するためにどのような成分が使用されているのでしょうか?
その成分の安全性について調べてみました。

成分一覧

白インゲン豆抽出物、アサイーエキスパウダー、ブドウ種子エキス(ブドウ種子エキス、デキストリン)、赤ワインエキス末、ローヤルゼリー、ジャムゥ・ガリアン(白こしょう、ウコン、たんぽぽ、バジル、ういきょう、くすの木、やまいも)(やまいもを含む)、植物発酵末(デキストリン、果実・野菜類、穀物類、野草エキス、糖類、海藻類)(オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・りんごを含む) / セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、緑茶抽出物、鉄クロロフィリンNa

意外にもブレイキングリミットはそのほとんどが自然由来の成分となっています。
食物アレルギーのある方は使用前に確認する必要がありますが、成分に関しては特に危険性はないと言っていいでしょう。

副作用について

ブレイキングリミットは薬ではなく栄養補助食品という分類のため副作用はありません。

ただし成分にアサイーが含まれているため、過剰に摂取すると下痢などの症状が出る場合があります。
一度に多く摂取したからといって効果が増進することはないので、1日の目安量である1~2粒を守って使用しましょう。

また薬を服用している方、通院中の方は担当のお医者さんに相談してから使用してください。

まとめ

ブレイキングリミットの副作用や危険性についてご紹介しました。

その効果の高さから短期間で痩せすぎてしまうという危険はありますが、ブレイキングリミットそのものに副作用や危険性はありません。

毎日の体重を管理しながら用法用量を守って正しく使用して健康的な減量を実現させましょう。

購入について

申し訳ありませんがブレイキングリミットは現在在庫が品切れ中となっております。
入荷され次第再開いたしますので少々お待ちください。

代わりに新発売のダイエットサプリ「ミラクルチェンジトライ」をご紹介いたします。

摂取したカロリーを0kcalに変える「吸収無効化痩身法」によって脂肪と糖分の吸収を徹底的にカット!どんなに食べてもカロリーが吸収されず、飲むだけで蓄えられた脂肪が全て消えていきます。

さらに身体が痩せ体質に変化するのでリバウンドも一切ありません。
よろしければお試ししてみてはいかがでしょうか?

-サプリメント
-, , , ,

Copyright© 詐欺ダイエット検証研究所 , 2019 All Rights Reserved.