ダイエットサプリやダイエット器具などの検証ブログ

詐欺ダイエット検証研究所

サプリメント

人によっては痩せない場合も?グレートシェイパーによるダイエットの失敗例について

更新日:

過ごしやすかった春も終わりを迎えてそろそろ梅雨入りの季節ということで、夏に向けてのダイエットもそろそろ本気を出していかなければならない時期になってきました。

とはいえ、天気も悪く蒸し暑いこの時期に運動によるダイエットはなかなか厳しいところ。

そんな時に有効なのが飲むだけで痩せることができるダイエットサプリ『Great Shaper(グレートシェイパー)』です。

このグレートシェイパー、食事制限も運動もなしに最低10kg以上の減量ができるというまさにダイエットの最終兵器ともいえるダイエットサプリなのですが、残念ながら使用者の中にはあまり効果を感じられなかったという方も存在します。

一体何が原因で効果を発揮できなかったのでしょうか?
今回はグレートシェイパーによるダイエットの失敗例についてご紹介していきます。

グレートシェイパーを食後に飲む

グレートシェイパーのパッケージのお召し上がり方の欄には「栄養補助食品として1日1~2粒を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がりください」と記載されています。

これだけ読むと飲むタイミングに関しては特に記載がないのでいつ飲んでも大丈夫と思ってしまいそうですが、グレートシェイパーが食事によるカロリー吸収を抑えてくれるのは食前に飲んだ場合だけです。

食後に飲むと代謝アップや血流の改善などの効果を得ることはできますが、肝心の食事によるカロリー吸収を抑えることはできません。

カロリー吸収を抑えるためにもグレートシェイパーは成分が吸収されやすい起床後、さらにカロリーの多い食事を取る30分前にそれぞれ飲むようにしましょう。

グレートシェイパーで抑制できる以上のカロリーを取る

グレートシェイパーの公式サイトには「高カロリー食を1日何食食べても摂取したカロリーを『0kcal』に変える!!」と書かれていますが、正直なところこれはちょっと言い過ぎなところがあります。

実際にグレートシェイパーには、白インゲン豆、ギムネマ、サラシア、コレウスフォルスコリなど脂肪と糖分の吸収を抑制する成分が配合されていますが、それらによってカットできるカロリーは摂取カロリーの約半分ほどです。

成人女性の1日の消費カロリーは2000カロリー程度と言われていますので、グレートシェイパーを飲んでいても1日の摂取カロリーはどんなに多くても4000カロリーまでに抑えておきましょう。

グレートシェイパーを飲んだまま動かない

グレートシェイパーは飲むことで代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなるので激しい運動をすることなく痩せることができます。

とはいえ、いくらグレートシェイパーを飲んだからといって、1日中寝ていたりゴロゴロしていたりすると運動量も少ないのでなかなか痩せていきません。最低でも一般の人が日常生活を送るうえで行う運動量は必要になります。

通勤や通学で徒歩移動をする方は問題ありませんが、車通勤の方や専業主婦の方で痩せるペースが遅い場合はウォーキングなど軽めの運動を取り入れるといいでしょう。

まとめ

グレートシェイパーによるダイエットの失敗例についてご紹介しました。

飲むだけで痩せることができるグレートシェイパーですが、飲むタイミングや生活環境によってはその効果をしっかりと発揮できない場合があります。

今回ご紹介した失敗例を反面教師にして、ダイエットが確実に成功できるように頑張りましょう!

購入について

申し訳ありませんがグレートシェイパーは現在在庫が品切れ中となっております。
入荷され次第再開いたしますので少々お待ちください。

代わりにグレートシェイパーと同じ効果があるダイエットサプリ「ミラクルチェンジトライ」をご紹介いたします。

摂取したカロリーを0kcalに変える「吸収無効化痩身法」によって脂肪と糖分の吸収を徹底的にカット!どんなに食べてもカロリーが吸収されず、飲むだけで蓄えられた脂肪が全て消えていきます。

さらに身体が痩せ体質に変化するのでリバウンドも一切ありません。
よろしければお試ししてみてはいかがでしょうか?

-サプリメント
-, ,

Copyright© 詐欺ダイエット検証研究所 , 2019 All Rights Reserved.