ダイエットサプリやダイエット器具などの検証ブログ

詐欺ダイエット検証研究所

サプリメント

安全性は本当に大丈夫なの?BDARK(ビダーク)の副作用や危険性について

更新日:

最近のダイエット業界は「飲むだけで痩せる」という効果を謳ったダイエットサプリが世の中に多く出回ってますが、実際のところその効果は年齢や体質によってもマチマチなので、飲んでもあまり効果を感じられなかったという方も多いのではないでしょうか。

そんな方々におすすめしたいのが従来の製品とは全く異なる痩身メカニズムを採用したダイエットサプリ「BDARK(ビダーク)」です。

新たに開発された「黒の痩身因子」と呼ばれる成分の5つの脂肪抹消効果により、食事制限や運動の必要もなくどんな年齢・体質の方でも大幅な減量が可能になっています。

これまでのダイエットサプリで思ったような効果を実感できなかったという方も一度試してみる価値がある製品と言えるでしょう。

ただしこのビダーク、問題点が一つだけあります。それはおもいっきり身体に悪そうなのです。

短期間で脂肪を抹消させるという効果もそうですし、そもそも見た目からして見るからに身体に悪そうな黒い錠剤で興味はあっても実際に飲む勇気はないという方もいるかと思います。

そこで今回はビダークに副作用や危険性はないのかを調査してみました。

ビダークの副作用について

ビダークは医薬品ではなくあくまで栄養補助食品に分類される製品です。そのため副作用などは特にありません。

主成分であるケイ素(シリカ)も人体に重要な成分として厚生労働省からも安全性が認められている成分です。そのため摂取することによる脂肪の燃焼や排出も身体に害のあるものではありません。

またケイ素(シリカ)と並ぶ黒の成分として配合されているチャーガですが、こちらも副作用はありません。それどころかトラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブであるアダプトゲンとされる非常に有効な成分です。

ただしチャーガを含めて天然由来の成分が多く配合されているので、食物アレルギーを持っている方が使用する際は原材料を確認してから使用するようにしてください。

ビダークの原材料

微粒珪素パウダー(デキストリン、微粒珪素パウダー)、粉末りんご酢(アラビアガム、デキストリン、りんご酢)(りんごを含む)、生姜末、ハチミツパウダー、大豆たんぱく(大豆を含む)、チャーガ末、植物発酵末(デキストリン、果実・野菜類、穀物類、野草エキス、糖類、海藻類)(オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナを含む)、システインペプチド含有酵母エキス / セルロース、活性炭、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、香辛料、鉄クロロフィリンNa、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

ビダークの危険性

副作用の項目でもご紹介したようにビダークの成分には特に危険性はありません。

ただし元々が重度肥満者専用として開発された商品のため、減量効果も非常に高くなっており、過剰に摂取すると過度な体重減少を招いて健康を害する危険性があります。使用する際は必ず1日1~2粒の目安量を守って使用しましょう。

また使用の際は体重管理を徹底して行い、。1日に2kg以上の体重減少が見られた場合、一度使用を中止して摂取する頻度を2日に1回に減らして下さい。

ビダークの使用上の注意

ビダークのパッケージに記載されている使用上の注意は以下の通りです。

体質に合わない方は、使用を中止してください。食物アレルギーのある方は原材料名表示をご参照ください。薬を服用している方、通院中の方は担当医にご相談の上ご使用ください。

一般的なサプリの注意事項と特に変わりありませんので、正しい飲み方をすれば問題ありません。

まとめ

ビダークの副作用や危険性についてご紹介しました。

いかにも身体に悪そうな黒いサプリのビダークですが、その黒色はケイ素(シリカ)チャーガという身体にとって非常に有効には働く成分によるものです。これといった副作用や危険性はないので安心して使用してください。

用法用量を守って正しく使用してダイエットを成功させましょう!

-サプリメント
-, , ,

Copyright© 詐欺ダイエット検証研究所 , 2019 All Rights Reserved.