ダイエットサプリやダイエット器具などの検証ブログ

詐欺ダイエット検証研究所

スキンケア

副作用や危険性は?シルクモイスティングホワイトニングクリームの成分と効果について

更新日:

年齢を重ねるにつれて増えてくる女性の肌の悩み。

シミ、ソバカス、肌荒れ、乾燥、くすみ、しわなど人によって様々あると思いますが、そんな肌の悩みを一本でまとめて解決してくれる美白化粧品が「シルクモイスティングホワイトニングクリーム」です。

その効果の高さから各メディアでも特集され、美容のプロも絶賛するシルクモイスティングホワイトニングクリームですが、他の美肌クリームとの違いは何なのでしょうか?

今回はシルクモイスティングホワイトニングクリームの成分と効果について調査してみました。

シルクモイスティングホワイトニングクリームの成分と効果について

シルクモイスティングホワイトニングクリームの成分とその効果についてご紹介します。

シルクモイスティングホワイトニングクリームの成分

有効成分:トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:精製水、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール、アラキルグルコシド、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、コメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキス(2)、メチルポリシロキサン、天然ビタミン E、ポリ アクリル酸アミド、軽質流動イソパラフィン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、フェノキシエタノール

トラネキサム酸

必須アミノ酸の1つであるトラネキサム酸には、シミの原因になるメラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用があり、肌荒れやシミ・そばかすを改善・予防する効果があります。

厚厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効能を表示することが認められた美白有効成分でもあります。

グリチルレチン酸ステアリル

漢方で知られる甘草の根に含まれる成分であるグリチルレチン酸ステアリルには、抗炎症作用、抗アレルギー作用、細菌発育阻止作用などがあり、肌荒れやにきびを予防する効果があります。

6つの植物エキス

コメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキスの6つの植物エキスが高い保湿力で潤いのある輝く肌を作ってくれます。

危険性や副作用は?

シルクモイスティングホワイトニングクリームの有効成分であるトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルですが、使用することによる危険性や副作用はないのでしょうか?
気になるその辺りについても調査してみました。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は血液を固まりやすくする作用があるので、錠剤などで服薬する場合は医師や薬剤師に相談する必要がありますが、化粧品で肌から取り入れた場合は血液に入っていく量も少なくリスクはほとんどありません。

グリチルレチン酸ステアリル

グリチルレチン酸ステアリルは天然由来の成分ため、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、アレルギーの報告もない安全性の高い成分とされています。

まとめ

今回はシルクモイスティングホワイトニングクリーム成分とその効果について調査してみました。

シルクモイスティングホワイトニングクリームは、トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルの2つの有効成分と植物エキスのトリプル配合により、女性の肌に関する多くの悩みを一本でケアすることができる国内最高レベルの美肌力を誇るクリームとなっています。

加えて危険性や副作用が起こる可能性も極めて少ないため、どんな肌質の方でも安心して使うことができます。
肌の悩みをまとめて解消したい方はぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

・シルクモイスティングホワイトニングクリームの口コミ情報はコチラの口コミ情報はコチラ

-スキンケア
-, , , ,

Copyright© 詐欺ダイエット検証研究所 , 2019 All Rights Reserved.