ダイエットサプリやダイエット器具などの検証ブログ

詐欺ダイエット検証研究所

スキンケア

SNSで話題のアルバニア ホワイトニングクリームの効果に疑問の声!?噂を徹底調査!

投稿日:

アルバニア ホワイトニングクリームに効果なし?!騙される前に調べてみよう!

女性ならばいつまでも美しくありたいと思うもの。そんな女性の最大の天敵とも言えるのが「お肌のトラブル」です。

その中でも、30代~40代の女性に訊ねた「あなたの肌の悩みは?」という質問に置いて堂々の1位をマークしたのが「シミ」。
同時に行われた男性への「女性の年齢が最も現れるものは何だと思うか?」という質問でも「シミ」は1位の「シワ」に次ぐ2位で、「シミ」が無いことが如何に美しさを保つために必要かが感じられます。

しかし、いざオススメのシミ消しクリームはどれだろうと検索してみても、出てくるのは小難しい単語と「オススメ」という言葉の山。そもそも、効果があるからオススメなのか、安いからオススメなのかも分からない…。
気合を入れて説明を読んでみても、どれも良さそうなことばかり書いてあって全く決められません。

そんな時、ふと目に止まったのが「アルバニア ホワイトニングクリーム」。

広告によると、クリームを塗るだけで剥がれ落ちるようにシミが取れるとあります。これはどう見ても怪しい…。
と、いうことで、今回はこの「アルバニア ホワイトニングクリーム」について色んな側面から調査をしてみました。

シミが出来る原因と消える仕組み

案の定、広告のようにシミがポロッと剥がれ落ちるようなことは無いようです。
気になって公式サイトを確認したところ、剥がれ落ちるといった記載が全く見当たらなかったので、誰かが分かり易いイメージとして使ったのかもしれませんね。
そもそも、シミというのは肌の深いところにある「メラノサイト」という細胞が「メラニン」の生成をし続けることで維持されています。
シミには「肌を初めとした心身の不調を知らせるサイン」や「紫外線等のダメージから肌を守るため」といった働きがあるため、原因を取り除かない限り肌が危険信号として作り続けます。

ただ、それは裏を返すと「原因さえ取り除いてあげればシミを消すことができる」ということです。
そして、その原因を取り除く方法の一つとして「肌にとって有効な成分をしっかりと与えてあげる」というものがあります。

公式サイトによると、この「アルバニア ホワイトニングクリーム」にはメラニンに有効なトラネキサム酸を初めとした肌の調子を整えるのに有効な成分が多く含まれているようなので、そう言った意味では確かにシミ消しに有効なクリームかと思います。

含まれている成分

次に「アルバニア ホワイトニングクリーム」に含まれている成分についてもう少し詳しく調査してみました。

アルバニア ホワイトニングクリームの含有成分の中で、特に大きく謳われているのが「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」の二つです。
この二つの成分に関して簡単に説明をすると

「トラネキサム酸」

市販の一般用医薬品にも配合される商品がある。美白効果もあるとされ、外用薬としてシミなどの治療に用いられる化粧品にはトラネキサム酸が配合されている商品が存在する。安全性が高く副作用は殆どない。

「グリチルレチン酸ステアリル」

別名「甘草」。漢方薬、外用薬、注射薬、点眼薬など医薬品として使われる。優れた抗炎症作用を持ちながら、肌への刺激が少ない成分として、医薬部外品や化粧品の分野で、最も汎用される成分の一つ。

このように、少し調べただけでも簡単に出てくるメジャーな成分が含まれているようです。

副作用について

化粧品と言えば肌に直接塗るもの。となると、やはり気になるのは副作用の有無についてですよね。
特にシミ消しクリームはダメージを受けている皮膚に塗るものですから、もし使用して肌のトラブルが起きてしまったらどうしようという心配は常に付きまといます。
そこで、今度は含まれている成分からどんな副作用が起こり得るのかを確認していきましょう。

「トラネキサム酸」

元々、安全性が高く副作用は殆どありません。しかし、血栓の溶解を抑える効果があるため、脳血栓や心筋梗塞、血栓性静脈炎などの疾患をもつ方は注意が必要なようです。

「グリチルレチン酸ステアリル」

甘味料としても広く使われているような成分で、全く身体に害はありません。勿論肌への刺激も少ないので、アレルギー等でない限り副作用はほぼ無いと言えます。

どちらも基本的には副作用が無く、特定の条件を抱えている人にのみ副作用が現れてしまうようです。
また、一般的なシミ消しクリームにおいてよく副作用を引き起こすと言われている「ハイドロキノン」と「Lシステイン」という成分があります。しかし、「アルバニア ホワイトニングクリーム」にはどちらも使われていないようです。

この二つに関しては副作用があるからこそ効果があるとも言い換えられるのですが、その副作用が「皮膚が炎症を起こし、逆にシミが濃くなってしまった…」という恐ろしいものなので、リスクを負いたくない人にとっては含まれていない方が有り難いものです。

このような点から、「アルバニア ホワイトニングクリーム」は他のシミ消しクリームに比べて副作用に配慮して作られたクリームなのかもしれません。

塗るだけで簡単にシミが消えるって本当?

アルバニア ホワイトニングクリームの紹介文の中でもう一つ気になることと言えば、「寝る前の15秒をください。それだけで、あなたはシミ・くすみが気にならない肌に。」という謳い文句です。
要するに「寝る前に15秒かけてクリームを塗ればシミ・くすみが消えるよ」ということなのですが、結論から述べるとこれ「ウソ」です。

上でも述べた通り、シミとは「肌を初めとした心身の不調を知らせるため」や「紫外線等のダメージから肌を守るため」に皮膚が生成するものなので、クリームをさっと塗った程度ですぐ消えるような代物ではありません。

そもそも、シミ消しクリームとは「塗るだけでシミが勝手に消えていくような万能の薬」ではなく、「肌を正常な状態・ダメージに負けない強い状態に戻す手助けをしてくれる薬」です。
シミは大量のダメージが積もり積もって出来たものですので、クリームを単に塗ってはい消えましたというのは、虫が良すぎる話というものです。(長い時間をかければクリームだけでも消える可能性はありますが…)
シミ消しクリームを使用して効果が出なかったという方は、このパターンで失敗してしまう場合も多いようです。

つまり、正確に言うと「クリームを塗ることでシミは消えるが、その他にもきちんと肌ケアを行うことでその効果が飛躍的に高まる」ということです。
では、具体的にどんな肌ケアを併用すると良いのかを確認していきましょう!

併用すると効果的な肌ケア

①食生活の改善

効果的な肌ケア方法その1は「食生活の改善」です。
細胞は体の内側から作られるものなので、代謝に影響する食生活の質はシミを消すことに大きく関係しています。

シミ消しに効果がある成分

ビタミンC
メラニン生成を抑制し、シミを薄める効果があります。赤ピーマン、柚、アセロラ等に多く含まれます。

ビタミンB2
メラニンの排出をサポートし、シミを薄くする効果があります。レバー、はつ、豚肉等に多く含まれます。

L-システイン
黒色メラニンを黄色へと変える働きがあります。ビタミンCと一緒に接種することで効果が高まります。卵白、さば、かつお等に多く含まれます。

リコピン
メラニン生成に必要な成分を除去するほか、紫外線による肌ダメージを修復する効果があります。トマト、グレープフルーツ、柿等に多く含まれます。

アスタキサンチン
過剰なメラニン生成を防いでシミができにくい肌にします。サクラエビ、紅ジャケ、鯛等に多く含まれます。

エラグ酸
強力な抗酸化作用でシミができるのを防ぎます。いちご、ラズベリー、パイナップル等に多く含まれます。

これらの成分をバランスよく取ることで、シミ改善の大きな手助けになります。
こんなに沢山の成分をとるのは無理!という方は、サプリメントを飲むというのもオススメです。

②外からの刺激への対策

シミを消すための肌ケアは体内からしか出来ないわけではありません。
シミが出来る原因に「紫外線等のダメージから肌を守るため」とあったように、体外からの刺激に対する対策もシミ消しには重要です。

では、紫外線のダメージから肌を守る方法と聞いた時に、何が思い浮かびますか?
恐らく多くの方は真っ先に「日焼け止め」が出てくるかと思います。

しかし、この日焼け止めに重大な落とし穴があることは御存じでしょうか…?
実はこの日焼け止め、肌に合わないものを使ってしまうと逆にシミが増えてしまうことがあるのです…!

よく日焼け止めのパッケージに「SPF」と「PA」という2つの表記があるのですが、これらはそれぞれシミの原因になる「紫外線B波」と「紫外線A波」を防ぐ力を示しています。
「SPF」と「PA」はそれぞれ数値と+の記号で強さが表され、大きいほどその予防効果が高いのですが、ここに落とし穴があります。

予防効果が高くなると、それに比例して肌への負担が大きくなってしまうのです。負担が大きくなりすぎると予防のために塗っていた日焼け止めのせいで肌が弱ってしまい、シミが増えてしまったなどという本末転倒な結果になってしまうことになってしまいます。
肌の負担にならず紫外線の予防ができるラインは「SPF20」の「PA++」なので、この強さの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

また、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカルタイプ」との表記があるものは更に負担が抑えられているものなので、選ぶ時の目安にすると良いでしょう。

③睡眠の質の改善

最後のシミ消し対策は「睡眠の質の改善」です。
何だと思われるかもしれませんが、睡眠と言うのは美容とは切っても切れない関係にあり、適切な睡眠と健康的な生活を送っているだけでも肌はみるみる若返っていきます。
なぜなら睡眠には、皮膚の再生に必要な「成長ホルモン」と、メラニン色素の排出に必要な「メラトニン」の分泌を促す効果があるからです。

といってもただ大量に眠ればいいというわけではなく、6時間以上の睡眠を取り最初の3時間で良質な睡眠を取ることが重要です。
そのためには、身体が自然と睡眠に移行できるよう生活リズムを整えたり、日常的にストレスを溜めずリラックスして眠りにつくことも大切と言えます。

アルバニア ホワイトニングクリームの価格について

シミ消しクリームを選ぶ上で、基準として外せないポイントとして「価格」が挙がると思います。
シミは、一度消しても歳を追うごとにできやすくなってしまうもの。後々のケアとして日常的に使い続けることを考えると、あまり負担になる値段のものは選びにくいですよね…。
そこで、ざっと価格帯における効果と分量の比較をしてみました。

高級

即効性を求める方
☆ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110(アンプルール) 11g 10,800円

一般のハイドロキノンクリームで刺激を感じる方
☆Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン) 15g 6,480円

過脂化メラニン対策をしたい方
☆ホワイトショットSX(ポーラ) 20g 12,960円

そこそこの値段

シミ対策をしながらエイジングケアも行っていきたい方
☆アスタリフトホワイト クリーム〈美白クリーム〉(富士フィルム) 30g 5,400円
敏感肌で、美白化粧品に抵抗がある方
☆サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア) 30g 5,400円

やはり高級なものは500~900円/gとかなりのお値段ですね。そこそこのものはどちらも180円/gと一気にお手頃になります。
これに対し「アルバニア ホワイトニングクリーム」はというと

☆アルバニア ホワイトニングクリーム 30g 3,800円(税抜)

120円/gと更に安価で購入することが可能です。というのも、現在の在庫限定で割引販売を行っている関係でかなり値引きされた価格で購入が可能らしいです。
元値12000円というのはにわかに信じがたいですし、その価格では買ってみようとは絶対に思いませんが、値引き価格で考えるならば含まれる成分や効果を考えると破格の値段ではないかと思います。

サイトの記載を見る限りではどの程度の在庫があるのかが分かりませんが、売り切れてしまっては元も子もないのでお買い求めはお早めに。

アルバニア ホワイトニングクリームの総評

「アルバニア ホワイトニングクリーム」の評価を簡潔にまとめると、「確かにシミ消しに有効な成分が含まれており、価格で見た時にもお手頃なクリーム」といったところです。
シミ消しの効果に特化した強力なクリームではないため、即効性に期待して購入をするとがっかりしてしまうかもしれません。

しかし、その分副作用を抑える「安全面」に配慮された成分構成である上に、お財布に対して優しい価格だったりと「日常のお供として使いやすい」事は間違いないと思います。
もし、一時のシミ消しだけでなく日々の肌ケアも行えるシミ消しクリームをお探しでしたら、一度購入をしてみても良いのではないでしょうか。

-スキンケア
-, , , ,

Copyright© 詐欺ダイエット検証研究所 , 2019 All Rights Reserved.